結婚指輪は人気の物をチョイス|ビシッとキマる贈り物

つける指やデザイン

男の人と女の人

左手の薬指に

結婚指輪とは、結婚した男性と女性とが、それぞれ指につけるアクセサリーです。結婚式で、男性が女性の指に、女性が男性の指にそれぞれつけることが一般的となっています。ただし明確な決まりはなく、結婚式をおこなわない場合には、入籍時につけたり、一緒に暮らし始める時につけたりといったことも多くおこなわれています。また結婚指輪をつける指も、一般的には左手の薬指とされていますが、これにも明確な決まりはありません。基本的には、どの指につけても良いのです。なぜ左手の薬指につけることが多いのかというと、心臓と深くかかわっている指とされているからです。心臓には生命や心というイメージがあるため、左手の薬指に結婚指輪をつけることが、愛の証とされているわけです。

シンプルなデザイン

また、利き腕が右という人の場合、日常生活では左手の薬指を多くは使用しません。そのため仕事や家事などの妨げになりにくいという点も、結婚指輪を左手の薬指につける理由のひとつなっています。逆に利き腕が左という人の場合は、右手の薬指をあまり使用しないため、そこに結婚指輪がつけられることもあります。とはいえ、飾りが多くついていたり、幅が広すぎたりすると、どの指につけても妨げとなる可能性があります。そのため結婚指輪は、シンプルなデザインとなっていることが多いです。これから始まる二人での生活をスムーズにするためにも、妨げとならないデザインを選択することは重要とされているのです。また、シンプルだからこそ飽きる可能性が低く、長年つけ続けることができます。